2014年7月10日木曜日

造作キッチン

先日、 「 Black & White BOX 」 で製作していますキッチンの製作工場に
お邪魔しました。

今回は天板をステンレスバイブレーション仕上げとし、唐松合板の面材に
白ステイン塗装で仕上げたザックリとしたテイストにする予定です。

しばらく現場が進んでいませんでしたが今週末から再開いたします!!
こちらも完成が楽しみです!! (^^♪

何点か過去に造作しましたキッチンもUPしましたので、ご覧ください。  (A)


 
 こちらは 「 BOX+庭+BOX 」 の天板製作時の写真です
 
 

実際の完成が、こちらです
 ↓
天板はステンレスバイブレーション仕上げとし、
面材はウォールナット突板の板目を横貼りにして仕上げました。
水切りプレート、水切りカゴ、洗剤ポケットもシンク内に製作しました。
ダイニングテーブルもウォールナット無垢材で製作し一体としたデザインとしました。
もちろん、テーブルの脚もスチールで製作しています。
キッチン側に段差を設けることによりキッチンとテーブルがフラットとなる
デザインとしています。
 

 
 

こちらは先日TVでも放映されました 「ピッタンコの家 」
 FMラジオDJも務めるMC 森 基誉則さんがいい感じで
リアクションしてくれています(^^♪
天板は人工大理石でテーブルと一体で造作しました。
面材はシナ合板に着色仕上げ
こちらも段差を設けることによりキッチンとテーブルがフラットとなる
デザインとしています。
 
 こちらも天板は人工大理石
既製品キッチンの天板と違って水返しがなくスッキリ造作できるのが良いですね。
キッチン背面にはマガジンラックを製作しました。

 こちらの天板はステンレスバイブレーション仕上げの
一枚板で重厚な天板を製作しました。
水切りプレートも製作です。
シンク内に洗剤ポケットもあります。
 
 

 こちらはオールステンレスヘアラインで製作しました。
シンクと調理台を分けたセパレートタイプです。
 ↓
 
こちらは人工大理石で製作し、キャビネット類は既製品を使用しています。
L型キッチンの他にパーティーシンクも製作しました。
 
こちらも天板は人工大理石。
面材をウォールナット突板柾目横貼りとし、バック収納も同じ面材で製作しました。
キッチン背面には間接照明を施しました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿