2019年10月7日月曜日

~進捗状況~


先週末まで
新規クライアントさんからの相談や打合せ、
プレゼン資料作成、
現場打合せと
ハードな毎日を過ごしていました💦

どのクライアントさんとも
1回のプレゼンのまま計画が進むというのは
ほぼ無いので
ここから調整に入っていきます。

昨年より打合せを数回重ねてきました
利尻島からお越しのMさんへのプレゼン風景。

初めて見る建築模型に
お子さんも興味津々!


翌日は
岩見沢の「SHOWAの家」のオーナーSさんに
ご協力いただきまして内覧させて頂きました。

Sさん、いつもありがとうございます!

外装材に使用した
ウエスタンレッドシーダー材も
経年変化してきて建築に深みが増してきました。

イメージ通り♪

お子さんに
「本物の木はとてもいい香りがするんだよ~~」
と言うと
素直に匂いを嗅ぐ仕草がなんとも
微笑ましく癒されました。


内部では
「うちもこんな階段がいいなぁ~~」
って何度も片持ち階段を上り下りしていました。


内覧後は岩見沢市内で打合せ。

落としどころが見えてきました。

来月に打合せ内容を反映させた
プレゼンを持って
利尻に伺う予定です✈


次は
札幌市内で計画中のMさん。

広大な敷地に大きなコートハウスを計画。



こちらはさらなるリクエストで
まるで違う外観も見たいとのことで
「それではもっと思いっきり
激しいのを創りますね~~」
自分自身にプレッシャーをかけて
次回再提案!


そして先週末に
苫小牧市内にて
計画中のKさんへのプレゼン


こちらはひとつにまとめず
A案、B案と
2案提案。

お子さんも建築模型に興味津々でした


どのクライアントさんに対しても
基本的にファーストプランは
夢や希望をなるべく盛り込んだプランを
提案するように心がけています。

当然、希望の予算を
オーバーしてくるケースが
多くなりますので
そこから優先順位をつけて
調整作業に入ります。

ここからはクライアントさんとの
協同作業となります。

絶対やりたいもの、無くてもいいもの
お互いに協力して
落としどころを決めていきます。

ここからの打合せがとても大切になります。

※コストを下げるのに一番効果的なのが
建物の大きさを小さくすること!

これは設計事務所だけでなく
ハウスメーカーや工務店でも一緒です。

大きさがゆずれない場合は素材を
安価な既製品にしていくと
コストは下がりますが安普請な
残念な建築にもなりかねないので
あまりお勧めはしていません...

設計事務所の力量もありますが
クライアントさんの前向きな協力も
必要となります!


さて、札幌市内では現在
2つの現場が動いています。

ひとつは
プロジェクトタイトルを
「ロの字のコートハウス」
とした
地下室のある平屋の大きな邸宅です。


地盤が思いのほか固くて
掘削に時間がかかり
なかなか進んでいない状況です。

周辺の住宅よりかなり大きいので
通りを行きかう人たちが
立ち止まって現場を見ていきます。




そして
もう一つが
「狭小の家-3」




延床面積22坪と
小さな住宅ですが
いごこちのいい空間になるよう
仕掛けがたくさんあります。

坪数以上の空間の広がりが感じられる
建築になると思います。

当然のことながら坪数が小さいので
建築費用はローコストですが
素材は決して安価なものでの
提案はしていません。


インスタにも近況アップしているので
興味のある方は
こちらもご覧ください 


現在建築計画があり
わたしたちの建築に興味のある方には
無料で配布いたしますので
「パンフレット希望」
と記し
お名前・ご住所・ご連絡先を明記の上
下記メールへお問い合わせください。



自邸
内覧および打合せも可能です。

写真では伝えきれない
空気感や
空間構成を
体感できます。




ご希望の方は
下記ホームページ

CONTACT欄から
ご連絡ください。


ブログ村にも参加しています。

下記バナークリックも
どうぞ
よろしくお願いします!!

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


0 件のコメント:

コメントを投稿