2012年8月10日金曜日

Le Corbusier-1

【Villa Savoye】1931年竣工

大きなブレイクスルーであったと言える作品。
空間をドラマティックに体感できる動線。
「住宅は住むための機械である」と語り、「近代建築の5原則」を唱え、建築界に衝撃を与える。




【Chapelle Notre-Dame-du-Haut,Ronchamp】1955年竣工

蟹の甲羅を伏せたような屋根を持ち、直角がひとつもない、これまでのLe Corbusierのイメージとまったく結びつかない作品。
赤・青・黄に彩られ、溢れんばかりの光に圧倒される作品である。




0 件のコメント:

コメントを投稿